2020 NEXT GENERATION PROJECT

Home / 小学生 / 2020 NEXT GENERATION PROJECT

2020年度から劇的に変わる日本の教育。アンドー塾は未来の日本を創造していく子供たちのため、この夏から学習改革を始動します。

ミッション達成型指導で、グローバル社会対応型学習を目指します

英語の教科化、プログラミングの必修化など、時代は大きく「グローバル化」「デジタル化」に動いています。
お子様が大人になるとき、人を取り巻く環境は大きく変わり、「新たな価値を創造する」世界が広がっていることでしょう。

2020年度には新しい学習指導要領の導入、小学生からプログラミング教育が必修化、小学3年生から英語学習の必修化。
確かな知識、未知の問題を解決する思考力、他者と理解し合えるコミュニケーション力が必要となることでしょう。
また、最近話題のAI(人工知能)やロボット。10年後、20年後には、もっと身近になるだろうと予測されています。

しかしながら、状況に応じて判断し、指示することは人間にしかできません。
予測が困難な未来に向けて臨機応変に決断し判断できる力、それが考える力です。

アンドー塾がこれから始める”2020 NEXT GENERATION PROJECT”では、国際化社会に備えて、使える英語の指導や思考力を養う算数国語の学習などへも積極的に取り組み、これからの子供たちが国際社会で戦える力(考行力)を養うことを目的としたグローバル社会対応型学習を目指していきます。

使える英語学習のための3つのプロジェクト

小学生ミッション達成型指導(算数・速解力検定・モジュール学習)

社会環境が大きく変化する中で、今の小学生は「AIと共存する世代」として新しい時代を担います。お子様が社会で活躍される時代は、これまでとは少し違った能力が求められることでしょう。そのような将来を見据え、2020ミッション達成型指導は、さまざまな可能性を秘めたお子様の能力を最大限に引き出すための教育をご提供していきます。

次代4技能定着学習+英検対策講座(検定特化型英語学習)

2020年、小学5・6年生は英語が『教科』として英語を学習する『外国語』となり、今まで学習していなかった小3・6年生では『外国語活動』として学習することとなります。実際は2018年度から先行実施し学習させている状況です。大学入試改革によって英語は4技能での評価となり、検定試験の利用も本格化します。早期から始めることでグローバル社会に対応できうる基礎力を定着させます。

新学習指導要領対応力強化”プログラミング教育

小・中・高等学校を通じてプログラミング教育を充実させるという国の方針より、2020年度より学習指導要領改訂において、小学校においてもプログラミング教育が導入される予定です。「自ら課題を発見し、その解決に向けて探求しその成果を表現することができる」ということが、グローバル社会を生き抜くための素地力として求められるようになっています。プログラミングを通じて上記の力を養っていきます。

LEARNING GOALS

夢と希望と自信をもった、グローバル環境化でも負けない“学びの感性”を育てる

昨今、大学生の学力低下や思考力・想像力などの欠如等国内的に問題視されています。
しかしそれは日本という国がグローバル化し、国際競争力を高めようとする考えからは当然だと考えます。
現在難関と言われる国内の大学では、知識偏重で、一般常識や基礎教養不足の学生が目立ち、世界との経済競争に打ち勝つような人材が育っていないのが現状です。こうした背景により、国では2020年度から新指導要領に変わり、革新的な学習の変革が起こります。

今でこそ当たり前となったスマートフォン。今から20年前にこのような技術、文化が浸透すると考えられた方は少ないと思います。そして昔はなかった商品が世に出回ると、コミュニケーションの方法やライフスタイルが激変するのも事実です。
便利になった分、頭を使わなくなったり、気を使わなくなったり、大きく言えば個性をどんどん奪っていく行為に変わったりもします。

今の子どもたちが大人になったとき、どのような文明が生まれているのかは想像ができません。しかしどんな環境化でも夢と希望と自信をもった人は誰にも負けません。私自身子供の時には、国算教室、習字、そろばん、ピアノ、スイミング、アイススケート・・・と沢山の感性を養う場を提供してもらい、今の自分の基礎を作ってくれたと両親に感謝しております。

10年、20年後に子供たちが「あの時の経験が今の自分の基礎を作ったんだと思うよ、ありがとう!」と言ってもらえるような経験を全力で提供していきます。

3つの能力/12の能力要素

社会人基礎力

今を生きる小学生にグローバル社会に通用する学習基礎力を身に着けるためのコースです。 小学生ミッション達成型指導は、経済産業省が提唱する”社会人基礎力”の能力要素を重視し、グローバル社会に対応できうる能力開花の原型を習得させていきます。

小学生ミッション達成型指導(算数・即解力検定・モジュール学習)

■2020 小学生算数&国語ミッション達成型指導コース

学ぶことの喜びを知り成長する3つの定着点
①基礎知識 基礎学力とは、読み・書き・計算のこれから学力を育てていくために大前提となる素地を形成する学力です。
しっかり自分自身で解説を理解し、自己学習ができる型を習得させていきます。
②論理的思考力 論理的思考力とは、身につけた知識を使って、問題を発見・解決する力や学習の土台を応用する力のことです。
しっかり基礎知識を身につけて、そこから新しいものを発想する力を身につけます。
③学習意欲 学習意欲とは、集中力や持続力など、目標に対して自己努力が自然とできる力のことです。
2020算数/国語では、学習の習慣定着や学びの意欲を自然と行動に移せるように指導していきます。

授業の特徴

算数検定・即解力検定を活用し、しっかりと目標を設定した学習を行います。

算 数算数検定(実用数学技能検定®)を目標とした達成型学習

算数検定・数学検定は「実用数学技能検定」(後援=文部科学省)は、数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。学生のうちから、算数の基礎基本をしっかりと目的を持って身につけることが将来につながります。

国 語速解力検定(日本速脳速読協会主催)を目標とした達成型学習

速解力検定は、読書速度とそれに伴う理解度を計測し、より明確な自分の基礎能力を確認することができる検定です。早く読んで解く力と速読に必要な5つの力(全体把握力・理解力・検索力・記憶力・思考力)を評価します。

授業内容

1科目60分の時間内を2つの学習構成で行っていきます。

右脳と左脳を国語と算数を通じて鍛える言語、図形、数・量、記憶、常識、その他の6つの分野を段階的、系統的に学習できるよう、中学・高校につながる基礎学力を定着させます。

《前半》モジュール授業(20分)

「見る」という能力をアップさせると「理解」「記憶」「感性」など、読むことに関わる他の能力も、それに追いつこうと処理能力を高めます。 脳にはひとつの刺激によってさまざまな反応を連鎖的に引き起こす「汎化作用」という性質があります。その能力を鍛えるため速読トレーニングを毎回行っていきます。内容の理解度や記憶力は維持したまま、読書速度を引き上げる訓練を行うとともに学習の基本となる能力の器を形成させます。

《後半》科目別学習授業(40分)
小1~小3能力習熟度別カリキュラムで学習していきます。

72段階の細やかなステップで一人ひとりにぴったりフィットする内容となっています。だからしっかり学べて無理なく学力を伸ばすことができます。漢字や計算はもちろんの事、読解問題や、文章題・図形問題の練習も行います。

ノン・グレード プレースメントテストを実施し、開始するコースとステップを決定します。
スモールステップ 各学年の内容が12コースに細分化されたテキストなので、一人ひとりに合った内容を学習できます。
自考自学指導 個人に合わせたペースでステップアップするよう、自学自習の進め方を指導します。
ステップアップテスト 内容理解を確認するステップアップテストを行い、合格したら次のステップへ進みます。

コース・価格

2科目セットコース 2020算数・国語ミッション達成型指導コース 週1回 4,000円(税抜)
小4~小6公立中学進学を想定した学習を行います。

公立中進学コースでは、小学校での学習内容の理解はもとより、「思考力・判断力・表現力」育成の視点に立って授業をおこなっていきます。小学高学年から将来の高校入試、さらには大学入試において志望校合格のための大きなアドバンテージを得ることができます。

《STEP1》市進学院講師の単元解説授業 テキストの単元項目を市進学院講師のWEB講義を見ながら
学習していきます。ノートの取り方まで指導します。
《STEP2》アンドー塾講師との演習個別 授業で学習した内容の理解を深めるために演習を行います。
アンドー塾講師が問題演習を個別対応で指導します。
《STEP3》内容理解確認テスト 授業で扱った問題内容をしっかりと理解しているか最後に
チェックテストを行います。目的を持って学習する意欲を養います。

コース・価格

2科目セットコース 2020 算・国ミッション達成型指導コース 週1回 8,000円(税抜)
3科目セットコース 2020 算・国・英ミッション達成型指導コース 週1回 12,000円(税抜)
5科目セットコース 2020 5科ミッション達成型指導コース 週1回 16,000円(税抜)

次代4技能定着学習+英検対策講座(検定特化型英語学習)

■2020年度、小学生から高校生までの英語教育が前倒しされる前に早期の取り組みを行う

2020年度から、小学校の英語教育が大きく変わります。まず、現在、小学5年生・6年生を対象に行われている外国語活動が、小学3年生からに前倒しされます(※2018年度から一部実施)。小学5年生・6年生では、英語は通知表に成績の付く「教科」になります。授業時間は現在の年35コマから50コマに増加。 「聞く」「話す」だけでなく、簡単な語句や表現を使って自分の考えを「書く」ことが、おもな学習に含まれます。

さらに2020年度から、大学入試センター試験に代わって始まる新テスト『大学入学共通テスト(仮称)』の英語に、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に測るTOEICR(トーイック)やTOEFLR(トーフル)といった英語検定を利用する準備を、文部科学省が進めています。 文部科学省は大学入試に「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合評価するTOEICRやTOEFLRなどの英語検定を使うことで、こどもたちが英語コミュニケーション能力を身につけることができる、本当に“将来使える”英語教育へ大きく変えようとしています。 アンドー塾では2020年以降の英語教育改革に向けて2つの取り組みを開始します。 ※子ども英語教室LeptonHPより引用


外国語教育の抜本的強化のイメージ(文部科学省)

授業の特徴内容

英語検定®を活用し、しっかりと目標を設定した学習を行います。

英語に関しては、グローバル化が進む現代社会において「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能をバランスよく習得することが求められます。 この4技能を試す機会として英検?はとても有効な学習機会をつかって2020年から変わる英語教育改革に向けて目的意識を持った学習を行っていきます。

授業内容

低学年(小1~3)と高学年(小4~6)と2つの学習構成で学習していきます。

小1~小34技能習熟度別カリキュラム [子ども英語教室Lepton]

これまでの暗記学習から、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を中心とした発信力、コミュニケーション力の学習へシフトしていきます。 低学年学習では、楽しみながら英語を学んで、4技能をバランスよく習得するカリキュラムとなっています。

コース・価格

英語レプトンコース 2020 英語ミッション達成型指導コース 週1回 7,000円(税抜)
小4~小6英検®に対応した学習を行っていきます。

2020年度の英語教育改革に対応するためで、4技能の理解力(「読む」、「聞く」)と運用力(「書く」、「話す」)を学習していきます。 「読む」、「聞く」練習ばかりでは、「書く」、「話す」ことはできませんし、「書く」、「話す」ためには、「読む」、「聞く」が欠かせません。 4技能学習を前提に、効率的にインプット(「聞く」、「読む」)からアウトプット(「話す」、「書く」)を導くことができるよう構成されています。

コース・価格

小学英語コース 2020 英語ミッション達成型指導コース 週1回 7,000円(税抜)

次代4技能定着学習+英検対策講座(検定特化型英語学習)

アンドー塾(市進教育グループ)では、進学型個別指導塾としてのロボットプログラミングを、受験で大きな力を発揮する「思考力」を培う場として考えます。
プログラミングで身につく「考える力」は、これからの受験において核心となる学力に直結します。
2020年度に予定される大学入試改革においては、「思考力」「判断力」「表現力」を重視する入試問題となる見込みです。

授業の特徴

2020年度から小学校で必修化となるプログラミング教育に対応していきます。

①自分の頭で考える「思考力」

IT化、グローバル化が急速に進む中、未来で生き抜くためには「自ら課題を発見し、その解決に向けて探求し、その成果を表現することができる」力が必要です。ロボットに「実現させたい動き」を考え、どうしたらそれを実現できるかを検討していく過程で、自然と「考える力」が身についていきます。

②自分の考えを「説明する力」

「自分の創りたいもの」に取り組む過程で、様々な「人との違い」が出てきます。
自分の作りたいプログラムのアイディア、できたものの魅力を人にアピールすることが、極めて自然に湧き上がってきます。 他者との協働(コラボレーション)、他者への説明(プレゼンテーション)の力が自然と身についていきます。

③最後まで「やり抜く力」

ロボットプログラミング講座では「講師が教える」という場面があまりありません。
子どもたちが自分でPDCAサイクル(計画し(PLAN)、実行し(DO)、検証し(CHECK)、改良する(ACT))に則って、自発的に取り組んでいく「アクティブラーニング」の手法が採用されています。これができるのも、「楽しい」からこそ。 最後まで自分の力で解決することで、「やり抜く力」が自然と身についていきます。

④「未来の力」

ロボットプログラミングは、「STEM」型教育です。
STEMとは、「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字をとったもので、 今後の教育において世界的に重要視されている分野のことです。子どもたちが大人になるころ、半数以上が今は存在しない職業につくと 言われています。科学技術を使うだけでなく、その仕組みを知り、新しい価値を創造できる力が身につきます。

授業内容

小学高学年(小4~6)を対象に学習していきます。

毎月のテーマを積み重ねることで、簡単なものから難しいロボットの制作までが可能に。確実に力をつけることのできる全33回(3年間)。

コース・価格

小学ロボットプログラミングコース 月2回:120分×2回 10,000円(税抜)

※年間教材費が初回別途必要となります。

新規開講記念 特別キャンペーン!

※3の入会金に関しては、現在市進にお通いでない方が対象です。