高 校 生

Home / 高校部

大学受験で志望校に合格するコツは、早めの受験意識と行動。
いかに有意義な学習スケジュールを組んでいけるかが、大学受験で大きく差をつけます。

英検対策が充実!
検定マイスター
2大検定(英検・漢検)のマイスターを目指そう!

漢検、英検をとるための意欲喚起制度。学力の見える化をするとともに、子供たちの学習意欲向上を目指します。それぞれの生徒のモチベーションアップに役立つように体系的に取得級を構成しております。年に1~2回の検定を効率よく受検することにより、自信を持って進学できるような取組内容となっております。

<検定対策講座>

検定前に塾生なら誰でも検定対策をうけることができます。※講座、テキスト代は別途必要です。

■高1

高1
学校の定期考査・外部模試で結果を出す

まずは学校のテスト対策が重要。学校の成績をしっかりと取っていくことで推薦での大学合格を目指すことにもつながります。 また学校の内容を理解することこそ、“受験に向けての基礎作り”と言えます。 そして将来の大学入試に向け、学校内容ではなく高1から入試に向けて受験カリキュラムを勉強していくことも重要です。 早めに勉強していくことが不可欠なため、“学校進度がストップした季節休みを使った受験基礎学習”が必須と言えます。


授業ラインナップ

■高2

高2
受験基礎力を徹底的に身に付ける

学校のテスト対策を行いながら、将来の受験に向けて必要な科目を早めに決めることが大切です。 これは大学受験生だけでなく短大受験や専門学校受験の場合も同様。 部活が忙しい学年ではありつつも、学校のテストで確実に得点できる力を養うことで、“受験に向けての下地”を作っていくことが欠かせません。 早ければ夏、遅くとも冬の時期からは本格的に“レベル別志望校合格プログラムでの勉強”を開始し、来年に弾みをつけることが重要です。 受験科目が確定しているなら、高2の段階で教科書レベルの内容は完全理解を目指しましょう。


授業ラインナップ

■高3

高3
大学受験に向けて自分の志望校に合わせて受験科目の勉強を一刻も早く進めていく必要があります。

志望大学に合わせて、最適なカリキュラムを組んだ映像講座を受けることで、弱点を作らず効果的に大学受験の学習を進めていくことができます。 公募や指定校といった推薦狙いの生徒、もしくは付属大学への進学につながる内部試験対策(日大基礎学力到達度テストなど)、卒業に向けた学校試験対策が。 学校内容を個別で対策しつつも、推薦だけでなく、一般試験のことを念頭に置くことが大切です。 希望する学校の推薦が取れなかった場合のみならず、推薦で不合格の場合にも一般試験に進むことになります。 進学後のことを考えると、一般入学組との学力差をなるべく少なくすることは、入学後の学生生活を楽しいものにすることにつながっていきます。


授業ラインナップ


現役合格を目指す市進予備校のWEB授業を受講できる!

市進予備校WEB授業
■ 映像配信授業ウイングネット
学研プライムゼミ/アドバンスウイング(1回の授業時間は90分~120分)

志望校合格のためのカリキュラム映像授業。市進予備校のアドバンスウイング講座だけでなく、 マドンナ古文など有名人気講師が授業を行う学研プライムゼミ講座も視聴可能。 推薦試験に向けた専用講座や医療専門学校・短大受験に特化した講座なども存在。